★歯科医院の最新情報

歯ブラシ選び

最近日本製の歯ブラシが世界一になりました。
昔はButtler社のものがトップブランドでしたが、今では日本製の「タフト」です。
毛の細さ、毛の 柔らかさ、毛の長持ち、ブラシの大きさ、値段の安さ、どれをとっても世界一です。
残念なのは一般に市販していないことです。
一般市販の歯ブラシより安価です。(¥100)
消耗品は価格も大事な要素です。色が6色あります。黒田歯科医院でお求め下さい。
電話:03-3254-8869

タバコは歯周炎に大きく影響します!

どきっとする写真です。妊婦のヌード写真ではありません。妊娠中のタバコとお酒にご注意下さいというメッセージです。
「たばこ」は妊婦だけではなく、歯周病の方には、男女を問わずきわめて深く悪影響を及ぼします。
喫煙者は歯肉に明らかに変化を起こします。血液循環が悪いので歯肉の色が紫色(循環障害の跡)で、歯周病が治りにくいのです。

ブラッシングを頑張っても、歯肉の色が改善しませんし、歯肉の手術をしてもほとんどの方が再発を繰り返しますし、腫れを繰り返します。

黒田歯科医院では禁煙支援や禁煙指導を行っています。禁煙に成功した方は、歯肉がとてもきれいなピンク色になって、「若返った」と喜んで頂いています。
「歯周炎が治らなくて…」と言う方で、禁煙がなかなかできない方は、どうぞお越し下さい。

歯の着色が気になりませんか?

歯の表面に着く着色や汚れが気になる方へ、ステイン(着色)を取る歯磨き剤が出ましたのでご紹介します。
5年ほど前までは、歯磨き剤を使わずに歯磨きするように指導をしておりました。というのは、歯磨き剤に含まれている泡出し剤やハッカなどの影響で、まだ磨けていないのに良く磨けたと錯覚してしまうことから、なにも着けずに歯ブラシするように申し上げていました。

そうすると、歯の表面に着色(ステイン)が着いてしまい、どうもどす黒くなることが多く困っていました。私も紅茶やウーロン茶を飲むことが多いものですから、着色が多くて困っておりました。
試しに使った歯磨き剤が意外に良い結果を示しましたので、ご紹介します。
「Prime プライム」という商品名です。(STAIN OFFとも書いてあります、LIONから出ています)一般市販されております。お試し下さい。

このページの一番上へ戻る ▲

気になる口臭に朗報

口臭は自分では気がつきにくいもの、朝起きたときの口臭はとくに強いものです。
フッ化物とキシリトール配合のものはいくつか製品化されておりますが、なかでもチェックアップフォーム(写真左側)がオススメです。
私自身が体験して驚きました。起床時は口の中がネバネバして気持ちが悪かったのですが、チェックアップを使い始めてから朝がとても爽快です。

家内からもお口が臭わないと言われ、顔を近づけて話すことに自信が持てます。
このチェックアップは、以前にこの欄の「ムシ歯予防の新兵器」と題して紹介していますが、
これほど効果があるとは思いませんでした。
是非お試し下さい。歯科医院専用ですので歯科医院でお求め下さい。

中高年者に是非オススメしたい、チェックアップフォーム

中高年者は写真のように歯の根が露出してきます。歯の根はエナメル質に比べて4倍もむし歯になりやすいのです。その上、中高年者は唾液の分泌が少なくなりますので余計に歯周病とむし歯になりやすいのです。今まで大丈夫だったという方、ブラッシングしているから大丈夫だとお考えの方も、注意が必要です。
このような心配も、フッ素とキシリトール入りのチェックアップフォームで予防して下さい。チェックアップフォームは中高年者と18歳未満の子供にはとりわけ有効です。ご家族でお使い下さい。

歯は食器と同じです。食後に汚れます。

食事のあとはお皿やお茶碗などが汚れます。歯も食事のあとで汚れます。
昼食で使った食器を洗わないで夕食ができますか?
食器はきれいでないと気が済まないのに、歯は昼食後に磨かないで平気な方が多いようです。歯磨きしなかったら汚れた食器と同じです。「コップがないし、うがいするところがないし…」とおっしゃる方がおられます。外で食事したときは、歯磨き剤もコップもいりません。歯ブラシ1本あればそれだけで充分です。お水で歯ブラシを洗って磨けば、それでおしまいです。
食後すぐだと、食べたものはみんなきれいです。うがいする必要すらありません。
ただし、歯ブラシがないとどうにもなりません。歯ブラシはいつも携帯しましょう。歯ブラシに専用のキャップをつけると、ペンを持つのと同じくらい携帯が簡単です。

このページの一番上へ戻る ▲

ムシ歯予防の新兵器

ムシ歯予防にフッ素が有効なのはよくご存じでしょう。キシリトールがムシ歯予防に有効なのもご存じでしょう。この二つがドッキングした予防剤ができました。
「ホームジェル」といって、歯磨きチューブに入った透明なゼリーのようなものです。
夜寝る前に歯ブラシの後、大豆大を歯ブラ シにとり口の中にまんべんなく塗りつけてそのままおやすみ下さい。
ムシ歯予防、知覚過敏に効果、歯周炎予防、口臭予防、といろいろ有益です。私も家族みんなで使っております。

ムシ歯になりやすい時期は、小学生や中学生、食事回数の多い受験生などです。成人になるとムシ歯がグンと減ります。
その後、40歳代以降になりますと、歯の根が露出してきて、そこが大変ムシ歯になりやすいのです。
そこで、お子さまと40歳代以降の方にこの「ホームジェル」がお薦めです。

最近、甘くない「チェックアップ」というのができました。「ホームジェル」に不満のある方は、こちらをお試し下さい。

意外に気づかない歯ぎしり

歯ぎしりは自覚できません。自分が歯ぎしりをしていると指摘されても納得しない方が多いのです。
歯ぎしりをしている方は歯の減り方が尋常ではありません。歯だけが年齢よりも20〜30年も歳を取ってしまうのです。
かぶせものが外れたり、セラミックが欠けたりします。そのうえ、歯そのものも欠けたり割れたりします。歯は割れてしまうと助かりません。さらには、顎関節症まで引き起こします。

歯ぎしりの時は、普通に噛むときに比べて、3〜5倍の力がかかっていると言われています。50キロから100キロにも及ぶ強大な力です。
歯ぎしりには特効薬がありませんし、確実な治療法もありません。大変困った問題です。ナイトガードといって、夜やすむときに歯を保護するマウスガードのようなものを装着するしかありません。
かぶせものが外れたり、歯が一部欠けたりした方は、歯ぎしりを疑ってみて下さい。歯周病の方が歯ぎしりすると、とたんに歯がぐらぐら動いて歯を失います。怖いです。

あなたの歯は何本ありますか?

全部歯がある方は28本(親知らずを含めますと32本)です。12歳で永久歯がほぼ出そろい、その後あまり失うことがありません。
年齢が50歳を越しますと、急に歯が失われます。
平均歯数は、40歳で26本、50歳で25本、55歳で24本、60歳で22本、65歳で19本、70歳で16本、75歳で12本、80歳で8本です。

あなたは何本歯がありますか?
平均よりもよい数値でいたいものです。

「8020」(はちまるにーまる)をご存じですか?

「80歳で20本」の歯を持ちましょうという意味です。
なぜ20本の歯を守っているといいのでしょうか。自分の歯が20本あると、入れ歯に頼らずに日常の食事ができるからなのです。その上、「ぼけ」がなく、元気で日常生活が送れるのです。
自分の歯で噛むことが、唾液の分泌を促し、老化防止にもなります。
現在の平均は80歳で8本しか残っていません。かなり努力をしないと、なかなか20本を守るのは大変です。50歳まで28本守れた方は、80歳でも20本守れそうです。
そこで、「5028」(ごーまるにーはち)すなわち「50歳で28本」守りましょうという推進運動をしたいと思います。ご自分の歯の数に興味をお持ちください。そして、50歳で28本、80歳で20本を目標にして下さい。

このページの一番上へ戻る ▲

歯周病には自覚症状がない

歯周病には目立った自覚症状がないので、つい見過ごしてしまいます。次の症状がある方はご注意下さい。・歯肉から出血する、・歯がしみる、・歯の間に食べ物がはさまる。
30歳以上の方は80%以上に歯周病があります。どうしたら良いかといいますと、まずブラッシングです。・毎食後に行うブラッシング、・歯ブラシを選ぶ、・毛先を使って磨く、・ペングリップで細かく振動を与える・どこでも歯ブラシ持参。

歯を失うのは歯周病が原因

みなさん虫歯には関心が高いようですが、歯周病には痛みでつらいことがないためにあまり関心がないようです。でも、歯を抜かれるような状態になってしまうのは、歯周病の方が多いのです。
虫歯のないきれいな歯でも、歯周病になって抜かれることがあります。
また、歯周病では同時に数本の歯を失うことが多いのです。そのときの悔しさはひとしおです。歯肉が腫れて膿をもつとか、歯がぐらぐら動くといった症状は、もう歯周病の末期で助からないことが多いのです。 早めに歯科医院を訪ねて下さい。

ブラッシングは歯周病治療のために

ブラッシングはムシ歯予防のために行われるものだということは広く理解されていますが、実はムシ歯予防のためだけではないのです。
ブラッシングは、歯周病の治療になるのです。歯周病の原因を取り除くためにブラッシングが効果的なのです。更に、ブラッシングによって歯肉がマッサージされ、それにより歯周病の炎症が治ってくるのです。

ブラッシングで歯周病の治療(歯肉へのマッサージ)で効果的に行うには、

  • 歯肉に毛先を当てて細かく振動を与えること
  • ある程度時間をかけること
  • 回数を多くすること

などが必要です。
「そんなにできないよー」と思われるかもしれませんが、それを一生続けるわけではありません。
歯周病の炎症があるときは、入院したつもりで頑張っていただきます。退院すれば、歯の健康を維持できるブラッシングに変われます。
歯周病には適切なブラッシングが必須です。
ブラッシングにこだわっている歯科医の気持ちが解っていただけるのでは?

このページの一番上へ戻る ▲

歯科医院に定期的に訪問を!

痛いときだけ歯科医院にいくというのではなく、「検診」や「歯みがき指導」や「歯のクリーニング」に歯科医院へ行きましょう。
歯周病のチェック、磨いているけど磨けていない歯みがきのチェック、茶渋や歯の着色をきれいにするために、歯科医院へ行きましょう。

月に1回、美容院や理髪店に行くでしょう?歯科医にも毎月行ってもいいのです。せめて3ヶ月に1回です。6ヶ月に1回は必須です。
黒田歯科医院では、年に1回、バースデー・カードをお送りしています。1年1回でいいというのではありません。忘れておられる方への注意喚起(イエローカード)のためです。
まれには、1年1回の検診だけでよい患者さんがおられます。でも6ヶ月1回は必須と考えて下さい。ぜひ「美容院」や「理髪店」という感覚をお忘れなく。

 

専門家によるクリーニングを!

最近、歯を清掃する機械に良いものができました。
10年ほど前には超音波を使った清掃機械を使っていたのですが、超音波の振動と音が不快で使わなくなりました。患者さんのために、やさしく丁寧にするために、歯科衛生士さんが丁寧に手で清掃をしていたのです。
最近の機械は超音波なのですが、あの不快な音がなく振動もなく、むしろ心地よく触られているという感触です。
私がそれをされてみて驚きました。快適で眠ってしまう患者さんが増えました。歯ブラシで届かないような深いところまで、痛くなく掃除ができます。
「アー気持ちよかった!」という方が多くなりました。是非、一度受けてみて下さい。3ヶ月に1回が理想的です。

患者さんにお薦めの本があります

患者さんからメールをいただき、「歯の治療や内容を解りやすく解説してほしい」と言われました。
解説を始めようと思ったのですが、それは専門書の方が正しく良く書けていますので、そちらに譲ることにしました。
歯科医の選び方は1.と2.によく書かれています。この2冊はどちらも歯科医の書いたものではありません。平易な言葉と第三者的ニュートラルな姿勢で書かれていて、信用できます。
歯の治療に関しては、3.と4.がオススメです。歯科医が分担で執筆しております。3.は私も一部書いております。4.は、私の親しい歯科医が書いたものですが、妊娠中から幼児の育児指導も含め、高齢者に至るまでの家族の方々への歯科医からのメッセージです。
これらの本は、三省堂(神保町)やブックセンター(八重洲)なら手にとってご覧になれるでしょう。たくさんある歯科の本から、この4冊はオススメです。

  1. 「良い歯科医と治療がわかる本」 秋元秀俊著(医療ジャーナリスト)出版:法研、¥1,500
  2. 「患者のための歯科のすべて」 朝日新聞社編、出版:朝日新聞社、¥1,000
  3. 「歯と口の健康百科 -家族みんなの健康のために-、出版;医歯薬出版、¥3,600
  4. 「家庭の歯学 -目で見るお口の百科-」河原英雄、下川公一、他、出版:クインテッセンス、¥4,200

このページの一番上へ戻る ▲